ニキビ ケア

大人ニキビとお肌のターンオーバーの関係について

ニキビは、多くの人を悩ませる肌トラブルです。1度できると何度も繰り返しやすくなったり、ニキビが跡になって肌に残ることもしばしばです。

 

このように、沢山の人を悩ませるニキビですが、その原因は様々です。

 

思春期にできるニキビの原因は、ホルモンの過剰分泌が関連することが分かっています。ですが、大人になってから現れる大人ニキビの場合、日常生活が関連するストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などが色々な事柄が関係して引き起こされることが分かっています。

 

特に、現代の日本人にとって睡眠不足の問題は深刻で、多くの人が不眠症などの症状を抱えています。こうした状況が関連して、ニキビを発症する人も増加しているのです。

 

大人ニキビと睡眠が関係するのはお肌のターンオーバーにあります。夜10時から2時までの時間帯は、肌のターンオーバー機能が促される時間だと言われています。

 

ターンオーバーが正しく機能すると、肌は健康な状態を保つことができます。しかし、睡眠が確保できないと肌のターンオーバー機能が正しく働かなくなり、肌の状態が悪化していく原因になるのです。そのため、肌に溜まった古い角質が毛穴を詰まらせてニキビの原因になるアクネ菌の活動が活発化すると考えられています。

ニキビを防ぐための基本的なニキビケア

ニキビを予防する方法もたくさんありますが、その中でもよく用いられる基本的なニキビケアについていくつかご紹介します。

 

大人ニキビに代表されるように、睡眠が関連して引き起こされるニキビを解消するためのケアは、当たり前ですがしっかりと熟睡できるようにすることが大切です。けれど、ただ寝ればいいというものではありません。就寝時間が遅ければターンオーバーをうまく働かせることができません。遅くとも夜10時までには寝る習慣をつけましょう。

 

そして、入眠から3〜4時間の間はしっかりと熟睡し、深い眠りを確保できるようにします。そのためにも、布団に入る2時間前には光になるべく当たらないなど、刺激を避けることも必要です。

 

次に人気なのが美容皮膚科などでの治療です。現在ではピーリングによる治療が主流であり、短期間で大きな効果を上げることが分かっています。加えて、美容皮膚科ではビタミン剤などの内服薬も処方される場合があるので、体の内側からニキビができにくい状態へと導くことができます。

 

最後に、ニキビを発生させないために必要なのがストレスを溜めないようにすることです。これは自宅でも会社でもどこにいてもできるニキビ対処法です。過剰にストレスが溜まると肌のターンオーバーが乱れる原因になるので、休日には運動をするなどしてストレスを軽減させることも大切です。

 

また、正しいスキンケア方法を学ぶことも重要です。肌を強く擦るなどの行為は避け、なるべく肌を優しく労わることで肌の健康は促されます。また、保湿も肌の健康には欠かせないものです。しっかりと保湿してお肌をやさしくいたわってあげましょう。

ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。ピーリングを初めてやった時は、お肌が少しヒリッとしました。そうして、恐ろしくなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、とてもきれいにニキビが治ってくれました。その後は、ニキビを見つけるとピーリングを行っています。おかあさんがとてもニキビ肌で、私も中学校の時からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、すぐにニキビができるので、お手入れは意識してしています。そして、みっつになる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。痛ましいことに必ずニキビができやすい肌になりそうです。遺伝は恐ろしいなと思いました。ニキビができる原因はアクネ菌なので、例えばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを何人かで共有していたり、直接肌が触れてそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビが自分にうつってしまうことがあります。また、自分のニキビを触った後で、顔の他の部分を触ってしまうと、その場所にもニキビができることがあるでしょう。ニキビを無理に潰すと、膿が出ます。もっと潰すと今度は芯が出ます。これがニキビの元となるのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。無理に潰すことになる訳ですから、より炎症が広がります。ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。ニキビがひどくなって炎症をおこすと、洗顔の時などにちょっと触っただけでも痛みがあります。そのため、炎症を起こしている場合は、どんなに気になっても決して指で触ってはいけません。触ると痛いからというだけではなく、指から雑菌が侵入して、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。

更新履歴